サクラトップ | 掲示板トップ | [ログイン] |

サックス四重奏「憐れみと慈しみと祈り」 - サクラ曲掲示板v6

気軽に曲を投稿してみましょう!

サックス四重奏「憐れみと慈しみと祈り」

曲ID499
投稿者shuga shuga
曲名サックス四重奏「憐れみと慈しみと祈り」
作曲者自作
ライセンスクリエイティブコモンズ(商用利用○:作品の改変○)
転載許可
推奨音源TW-MUSIC2
ピコサクラ対応未対応
ピコサクラバージョン0.1.29
コメント僕にはこれくらいしかできませんが――サックス四重奏。全体的にゆったりとした曲です。演奏時間は12分32秒と長いです。面倒だという方は途中から聞いてください(短縮版6分13秒)。全部で6つの部分に分かれていますが、本命は5楽章です。というか5が一番長い;
動画なし
MML
 
お気に入り
(^o^)/
ダウンロード数
453
タグ

コメント

SUGI.T (2011/04/02)

フルで聴かせていただきました~
すごく心が穏やかになりました
これだけ長くても細かくテンポや音量に変化をつけていて、作るの大変だったんだろうなぁ(しみじみ
prayer……良い言葉ですよね
shuga (2011/04/02)

SUGI.T様
コメントありがとうございます
1人でも多くの方に聞いていただいて
そして心を癒せたらなあと思っています。
そうですね、1週間ぐらい宿題そっちのけで作ってました
prayer。この言葉は2通りの発音があるそうです。
プレイヤとプレア。それぞれ意味が違うんです。
プレイヤは祈る人。プレアは祈り。
副題に2回prayerが出てきますが、それぞれどっちの意味でしょう~?
なーんて
羊飼い (2011/04/03)

サックスの使い方と魅力を知りました
サックスだけでここまで雰囲気を出せるとは、これは良い勉強になりました。途中入る空ブレス音がよりリアルさを表現する、良い隠し味でした。サックスにオルガン的なメロを奏でさせたり、打楽器の様に軽快に弾ませたり、いろいろな趣向が凝らしてあって面白かったです。
shuga (2011/04/04)

羊飼い様
コメントありがとうございます^^
サックスはオケではあまり使われない楽器だそうで、吹奏楽特有だそうです。しかしその甘い響きにはサックスにしかだせない温かみがあると思うのです。ただ、サクラでそれがどこまで通用するか不安でしたが、上手く表現できたかなあと思います。
オルガンのようなベルトーンは、最初はハープのアルペジオを意識していましたが、たしかにオルガンですね
祈りとしてはちょうど良かったのではないでしょうか
ある意味実験的な作品でしたが、魅力を伝えられてよかったです
shimada8 (2011/04/05)

サックスがなんかすごく炸裂しているwwww
雰囲気構えがでてきますよね、自分が作る曲なんてなにかに縛られている気満載なんでwww
日本語がおかしいですが、お許しを(笑

空ブレス音が個人的には勉強したいところでした。
shuga (2011/04/07)

shimada8様
ザ・サックスって感じです
個人的にサックスの音色が好きなので、今回焦点を当ててこういう風な曲を作らさせていただきました。
何をおっしゃる、shimada8さんも素晴らしい曲作ってらっしゃるじゃないですか自分も見習いたいですよ、こんなマニアックな曲ばっかつくってないで;
ブレスは、ブレスノイズだとちょっと短すぎるんですが、それ以外に丁度いい音がなかったので断腸の思いで使いました。以外に良かったみたいで、安心しました
コメントありがとうございます

ログインするとコメントをつけられます。