TrackName ={"コードアルペシエイター ver.1.01"}; 
	Copyright ={"庚申works"};

	/*
		※※ Sqr_engine.hを読み込ませてください。

		初投稿です、手製のシーケンスエンジンで一曲仕上げました。
		アルゴリズムの見直しなどブラッシュアップしている最中でもあり、処理速度が鈍いです。
		このため、コンパイルに若干時間がかかります。、

		エレクトロニカエンジンを目指してましたが、汎用性を持たせたので、
		別のジャンルでも使用できる気はします。

		※※ 表示 - 下側タブの表示をすると、機能コードの流れが見えます。
		※※ このスクリプトは構造化エディタ対応です。
		※※ Drum'nBassドラムの付録つきです、//リズムアルペジエイター//以下のコメントを解除のこと。
		

	*/

	//初期化------------//

	Include(Sqr_engine.h);	//シーケンスエンジン読込み


		Include(stdmsg.h);			//ミディ音源リセットのおまじない
		Time( 0: 1: 0);
		System.MeasureShift(1);	TrackSync;	//Midi互換性のため

		ResetXG();ResetGS();ResetGM();		//音源リセット命令
 
// Track =-1 

//エンジン名(小節数,1/4小節数,コード型,キーシフト,モジュラー型[省略可],転調キー[省略可])

//Sqrptn(1,0,10,KeyC,TypeA,0)	//

//ファンクションモジュールコール

	Int TypeChk =0;	Int TypeA =1;

//ファンクションキー・転調コール

	Int KeyCs= -11;	Int KeyDf= KeyCs;
	Int KeyD = -10;
	Int KeyDs= -9;	Int KeyEf= KeyDs;
	Int KeyE = -8;
	Int KeyF = -7;
	Int KeyFs= -6;	Int KeyGf= KeyFs;
	Int KeyG =-5;
	Int KeyGs=-4;	Int KeyAf= KeyGs;
	Int KeyA =-3;
	Int KeyAs=-2;	Int KeyBf= KeyAs;
	Int KeyB =-1;
	Int KeyC = 0;

 
//コードアルペジエイター// 

	//グローバル
	Tempo=147;
	Int Keyin_set = KeyA;		//機能コード出力

	//ローカル
	Int TM_set=Time(1:1:0);
	Array Ptn_load;
	Array Ptn_num;

	Int Part_ADD =0;		//演奏時間出力
	Int Parthalf_ADD =0;


FOR(Int Trk_select=1; Trk_select<= 6; Trk_select++){ //トラックセレクト

	SWITCH(Trk_select){
	CASE(1){	Track =1;	Channel =1;	@5;	Time=TM_set;}	//Sqr		//ランダム
	CASE(2){	Track =2;	Channel =2;	@90;	Time=TM_set;}	//Pad
	CASE(3){	Track =3;	Channel =3;	@90;	Time=TM_set;}	//Pad		//drop2,3

	CASE(4){	Track =4;...(続く)...