//------------------------------------------------------------------------------
// テキスト音楽「サクラ」音楽データ (dSakura.dll Version.2.36)
//------------------------------------------------------------------------------

曲名{"Break time"}
作者{"n."}
コメント{"
  【この曲について】
  癒し系を目指した結果よくわからない方向に行ってしまったという典型です。

  Calm down のゲート調整があまりに面倒だったため、ゲート調整を関数化しています。
  が、いろいろ盛り込みすぎて関数化自体がかなり面倒な作業になったという。。
  また、関数の負荷が結構高いため、コンパイルに数秒を要すると思います。。
"}

/*
//- 演奏時間 -------------------------------------------------------------------

  2分 39秒

//- 変更履歴 -------------------------------------------------------------------

  2011/04/24 Ver 1.0:公開

  2011/06/04 Ver 1.1:追加・修正
    ・開始時の遅延を短縮
      演奏時間を、2分 41秒 → 2分 39秒 に修正
    ・TW-MUSIC2 専用モード追加(ドラムパートのみ)
    ・関数の修正

//------------------------------------------------------------------------------
*/

/*
//- 関数 "A" -------------------------------------------------------------------

  和音を鳴らす関数。

  入力形式
   MML 表記前提です。
   音符属性等は、^ < > 以外処理できません。
   
   具体例
   ○下記の形式の入力は、正常に処理できます。

    A{c8eg1}     → 音長を 1 (数値) で指定している
                    音の分散タイミングを 8 (数値) で指定している

    A{c4^8eg1^4} → 音長を 1^4 (数値+タイ+数値) で指定している
                    音の分散タイミングを 4^8 (数値+タイ+数値) で指定している

    A{1ceg1}     → ヘッダ(先頭の数字)

   ×下記の形式の入力は、正常に処理できません。

    A{ceg^}      → 音長を ^ (タイ) のみで指定している
    A{ceg2+4}    → 音長を ± で指定している
    A{ce^g1}     → 音の分散タイミングを ^ (タイ) のみで指定している
    A{c2-8eg1}   → 音の分散タイミングを ± で指定している
    A{ceg>32c1}  → 音の分散タイミングの前に > や < が存在する
    A{cegc1}     → 同じ音が複数回出現する

  オ...(続く)...