///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// title:        "rnd.h" ver 1.00
// description:  単音、和音、ドラムをランダムな音量とタイミングで演奏するインクルードファイル(2017/02/06)
// keywords:     SAKURA Function     by ななこっち★ @nanakochi654321
// License:      GPL3
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// rnd.h メロディー、和音、ドラムをランダムなタイミングで演奏する
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// 詳細の取扱説明書は、ファイル下部へ
//
// Function RMDINIT(rmin, rmax, vmin, vmax)
// 休符乱数値の最小値、最大値、最小、最大音量設定する。両方0にすると、同一タイミングで演奏します。
// 
// Function RMDR(rmin, rmax)
// 休符乱数値の最小値、最大値の設定のみする
//
// Function RNDV(rmin, rmax)
// 音量乱数値の最小値、最大値の設定のみする。
// 同一の値を設定を両方に行うと、固定音量となる。
// rmaxを省略すると、rmin、rmax共に加算、または減算を行なう
//
// rmin, rmaxは与える休符値、vmin, vmaxは与える音量値
// Function RMD(mml)
// ランダムに演奏したいメロディーのMMLを入力する
// Function RMDENABLE(1 or 0)
// メロディーランダム演奏機能を有効/無効にする
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// Function RCDINIT(rmin,rmax,vmin,vmax,vdif)
// 乱数値の最小値、最大値を設定する。両方0にすると、同一タイミングで演奏します。
// vmin,vmaxは音量の最小値、最大値
// vdifは音量増加値(マイナス値を指定すると減少値)
//
// Function RCD(mml)
// ランダムに演奏したい和音のMMLを入力する
// Function RCOT(mml)
// ランダムに演奏したい単音のMMLを入力すると、オクターブで演奏する。
// Function RCDENABLE(1 or 0)
// 和音ランダム演奏機能を有効/無効にする
// Function RCDR(rmin, rmax)
// Function RCDV(vmin, vmax)
//
// RCDをSRCDに置き換えた同名関数があります。ケースバイケースで使い分けられます。
//
// RDINIT(ドラム音量,randvフラグ,randrフラグ,BDロテートフラグ,SDロテートフラグ,シンバルロテートフラグ)
// RDV(Int V)
// RDCresc(Int V)
...(続く)...